保守必読書【第一弾】|「ひと目でわかる日韓・日中 歴史の真実」 - 水間条項@まとめぶろぐ

保守必読書【第一弾】|「ひと目でわかる日韓・日中 歴史の真実」

新年明けましておめでとうございます。

昨年12月には衆院選で自民党が大勝し、第二次安倍内閣が誕生しました。
2013年は保守層にとって、新しい門出の年になる事でしょう。
そこで、これだけは押さえておきたい、保守必読書をご紹介致します。

019.JPG

第一弾は、水間政憲氏の「ひと目でわかる日韓・日中 歴史の真実」です。
もうすでに購入された方も多いと思いますが、領土問題を理解する上で必読の一冊。
詳細な資料や当時の写真とともに、動かし難い歴史の真実が網羅されています。



昨年は、尖閣諸島問題・竹島問題と、嫌がうえにも領土問題と向き合う機会がありました。
前東京都知事の石原慎太郎氏による尖閣諸島購入発言が、その突破口となったのです。

「捏造された歴史を見直し、日本人の誇りを取り戻そう。資料は事実を語っている」

この「ひと目でわかる日韓・日中 歴史の真実」は、一次資料を満載した本です。
尖閣諸島・竹島が日本の領土であるという歴史的事実は、この資料によって明らかに。
また、中国国民党によるプロパガンダ・南京大虐殺も、資料によって解明されています。

わたしたちは東京裁判史観によって、自虐的歴史認識を甘んじてきました。
日教組による反日教育・戦後の土下座外交・中韓の手に落ちた反日マスコミにより、
国民は洗脳され続けて今日に至っています。

第二次安倍内閣がスタートを切り、「美しい国・日本」が火蓋を切ろうとする今、
正しい歴史認識を確認する作業に、「ひと目でわかる日韓・日中 歴史の真実」が欠かせません。

2chやニコ動で祭りをするだけではなく、左翼への論理的武装には読書も必要です。
今年のお正月休みに、本書をお薦め致します。
| このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
当サイトのテキスト・画像等すべての転載転用、商用販売を固く禁じます 
Copyright © 水間条項@まとめぶろぐ All Rights Reserved.