【週刊新潮増大号】皇位継承への道 - 水間条項@まとめぶろぐ

【週刊新潮増大号】皇位継承への道

001.JPG

6月20日号の「週刊新潮」を買ってきました。
今月号の特集記事は、
「「雅子妃」不適格で「悠仁親王」即位への道」というものです。

万世一系の皇統を継承する事が、日本国の国体を維持する要。

要点を掻い摘んで、ご紹介致します。
@皇后陛下はすでに、周囲には、
「皇太子妃には将来、皇后の仕事はつとまらないでしょう」と漏らされている。

A天皇陛下・皇太子殿下・秋篠宮殿下のお三方が、頂上会談で話し合われている。

B風岡宮内庁長官から官邸へ、皇室典範改正の打診があった。
 具体的には、
「天皇が自らの意思で生前に退位し、譲位することができる」ならびに、
「皇位継承を辞退できる」ことを可能とする条文を付記するというもの。

それは、今上陛下には天皇として責務を全うして頂き、
将来は、皇太子殿下が天皇に即位。しかし、比較的早い時期に退位願い、
次の皇位継承は、秋篠宮殿下ではなく、悠仁親王という事だそうです。


では何故、秋篠宮殿下が皇位を継承されないのでしょうか?



兄宮がご健在の中の弟宮の皇位継承は、歴史的にも負のイメージが付き纏うとか。
頂上会談ではすでに話し合いがなされ、秋篠宮殿下は身を引くお考えだそうです。

秋篠宮殿下は悠仁親王の教育に、昭和天皇をお手本にされるそうで、
厳しくしつけたいとの御意向をお持ちです。

週刊新潮がこの時期に特集記事を掲載したのは、余程の事かと推察されます。
悠仁親王殿下の健やかなるご成長を、心よりお祈り申し上げたいと思います。

▽参考記事
雅子妃を持上げるマスゴミ
| このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
当サイトのテキスト・画像等すべての転載転用、商用販売を固く禁じます 
Copyright © 水間条項@まとめぶろぐ All Rights Reserved.