緊急拡散希望《『学び舎』の教科書採択問題を政治利用する反日極左のいかがわしい目的》 - 水間条項@まとめぶろぐ

緊急拡散希望《『学び舎』の教科書採択問題を政治利用する反日極左のいかがわしい目的》

■今月に入って唐突に「学び舎」の教科書採択問題が、一年半ぶりに再燃した裏には、
反日極左の政治目的が隠されています。

まず、灘の和田校長を持ち上げている勢力は、
次回の教科書採択活動に入っていることが、透けて見えています。

それは、現場校長と担当教員たちが、学校経営者(理事長)側から、
「学び舎」の教科書に疑問符がつき、次回の採択が難しくなったことから、
私と日本会議を結びつけ、日本会議と安倍首相が教科書採択に口出している「証拠」として、
水間は安倍の回し者のような印象操作をした灘の和田校長のやり方は、真っ赤かの「反日極左」です。

この問題は、和田校長が公に謝罪するまで、永遠に追及することにしました。

和田校長のやり方は、適当な「嘘」を並べ立てる「学び舎」の教科書と同じです。

覚醒されていらっしゃる皆様方は、過去10年くらい小生が何を呼び掛けていたのか、
ご承知の通りですが、灘の和田校長は小生のことを
《日本会議関係の研修などでしばしば講師を務めているし、
……東日本大震災の折には日本会議からの依頼を受けて民主党批判を
ブログ上で拡散したこともある》などと、デタラメを書いています。
このような虚偽を書いて、次回も『学び舎』の教科書を採択するための準備と
自分の生き残りを策していることが透けて見えます。

実際、みつばちさんたちは、正確な歴史認識をもって
採択の参考にポストカードを贈ってあげていたのに、
和田校長は「同一の文書」などとトンチカンな批判をしてましたが、
ポストカードの文書は、当時の「キャプション」をそのママ正確に転載したのであり、
それを「同一文書」などと、バカなことを言っています。

仮に、戦前の報道写真のキャプションを改竄して使うと、
本多勝一氏と同じレベルに堕ちてしまいます。

【明るい日本を実現する】啓蒙活動を、茶髪の津田大介とかいう者が「脅迫」活動などと
トンチカンなことを言ってます。
そもそも茶髪のお兄さんは、歴史はド素人なのだから口をはさむこと事態、間違っていますね。

また、戦前の報道写真は、著作権は消滅してますが、
写真の主旨を勝手に変えると「人格権」を侵すことになるので、
正確に戦前のキャプションをそのまま使っているのです。

和田校長の文書を褒め称えている気持ち悪い連中が、コメントを寄せていますが、
その連中の行動は採択への準備活動なのです。

次回の採択は、この秋から始まるので、
唐突に和田校長のコメントがインターネットに溢れているのです。

この度の灘の和田校長の文書を見て、確信したことは『学び舎』の教科書を採択した学校長は、
バリバリの「反日極左」だったってことです。

私も日本人であれば、なにか伝わると思っていましたので、学校長も宛先に入れましたが、
これからは理事長に集中するだけでいいことが分かりました。

それは、バリバリの「反日極左」の校長の歴史認識の転換は無理のようですので、
嘘を拡散した灘中学の和田孫博校長は、教育者として失格ですので、理事長に報告してあげてください。

〒658−0082

兵庫県神戸市東灘区魚崎北町8−5−1

灘中学校

嘉納毅人理事長

◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇和田校長に提灯コメントで応援している連中は、
『学び舎』を応援し、現役の教員とOBたちがつくった教科書とベタ褒めですが、
その執筆者の実態は、「歴史教育者協議会」(共産党系)の副委員長や会員、
また共産党系の「新日本出版社」から本をだしているOBがいたり、
中身は共産党の歴史認識に偏った教科書と各学校の理事長は知らないのです。

近現代史研究家・ジャーナリスト水間政憲

◆【動画】【ニコニコチャンネル 水間条項国益最前線】
http://ch.nicovideo.jp/mizumajyoukou

◆「歴史戦ポストカード(日英対訳)」を使用して国内外に発送される方で
注文・宛先等は【オフィス存ホームページ(水間政憲のホームページ)】を検索して見てください。http://officezon.net

◆水間政憲ブログ【水間条項】(転載条件:全文掲載)
http://mizumajyoukou.blog57.fc2.com/
| このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
当サイトのテキスト・画像等すべての転載転用、商用販売を固く禁じます 
Copyright © 水間条項@まとめぶろぐ All Rights Reserved.